2015年6月5日金曜日

「 xxxx で音は変わるのか」のガイドライン

いつの間にか静音PC屋からPCオーディオ屋に転身したオリオスペックが、 「NASに搭載するHDDで音が変わるのか」の検証イベントを開催するそうです (リンク先はImpress AKIBA PC Hotline !)。

しかし、このイベントには決定的な問題点があります。それは、聞きにくる人は「変わるかもしれない」と思っているので、思い込みによる影響(いわゆるプラシーボ効果)を排除できない点です。従って、このイベントで「変わった」という結論が出るのはある意味で当然で、「検証」とは言えません。

ある程度信頼性の高い結果を得る方法としては、次のようなガイドラインが考えられます。

1. イベントの告知について

これは、参加者を募る必要がある以上、ある程度は仕方ないでしょう。「 xxxx で音が変わるのか実験します」と告知するのは、ここでは不問に付します。ただし、xxxx で「良く / 悪く」なるかという書き方は、一定方向への先入観を与える可能性が高いので、するべきではないでしょう。

2. イベントの内容について

まず、変更点が何であるか(たとえば上記のイベントならNASのHDD)を記載するのは、できれば避けるべきですが、記載した上で先入観を排除する方法も考えられます。具体的には、「全く同じ構成のものを紛れ込ませる」ことです。たとえば、
  • 被検体A:パーツaを使用し、他の構成は同じとする
  • 被検体B:パーツbを使用し、他の構成は同じとする
  • 被検体C:パーツaを使用し、他の構成は同じとする
つまり、AとCは全く同じなので、本来なら「Bだけ違う音がする」と答えるのが正解です。従って、「A、B、Cはいずれも違う音がする」や「Aだけ(Cだけ)違う音がする」という回答は、正しく判別できていないことになります。

もしくは、正しく判別できているものの、その交換したパーツ以外の要素によって音質が変化し、その変化量が交換したパーツより大きいという可能性を示しています。たとえば上記の例で言えば、「AとCは中身が違います」と嘘の情報を与えられたせいで音が違うと思い込んだ、という場合です。

3. 実施方法について

できればダブルブラインド方式(聞く人はもちろん、聞かせる人も中身を知らない)がベストですが、そうでなくとも、聞く人は事前に中身を知らないことが最低限必要です。AとCは中身が一緒と知っていれば、当然、「音も同じに決まってる」と思い込んでしまいます。

4. その他

無視されがちな要素ですが、「違いが分からなくても恥じることではない」と周知徹底することが必要でしょう。残念ながら「違いが分かる方が偉い、分からないヤツは音質を語る資格がない」といった風潮があるので、「分かると言わないと恥ずかしい」という強迫観念から誤った回答をする可能性が高いからです。

その意味でも「実は中身が一緒」というのは有効で、AとCは音が違うと答えた人に対して「それみろ、お前も分かってないじゃないか」と言い返す余地を作っておく訳です。まあ、「個体差の影響だ!」とか言って逃げるのは目に見えてますが...