2014年2月14日金曜日

高音質なUSBケーブルを探す

はじめに

いわゆるオーディオ用 USB ケーブルは出てきません。オヤイデとか、ゾノトーンとか、Audio Quest とか、SAEC とか、Acoustic Revive とかの情報をお探しの方のお役には立ちません。

逆に、「オーディオ用 USB ケーブル」なるものを買うのに抵抗がある方には、ちょっと役立つかも?

特記がない限り、全て USB 2.0 仕様、通常の A - B タイプのケーブルです。

第一段

オーディオ用は扱わないと書いておいて、いきなり Monster Cable が出てくる訳ですが...
は Monster Cable のオーディオ用 USB ケーブルです。型番は忘れてしまいました。たぶん、RME Fireface UC を買ったときに販売店のオマケで付いてきたものです。期待を裏切らない、もっさりサウンドです。
は、Focusrite Saffire 6 USB を購入した際に付属していた USB ケーブルです。かなり細いですが、適度な固さとしなやかさを兼ね備えていて扱いやすいです。やや平坦な音ですが、嫌な感じはありません。

第二段

は EIZOのディスプレイモニタ SX2462W に付属していた USB ケーブルです。白色のテープに書いてある MD-C93 というのがパーツ品番のようで、補修部品用(?)に販売されているものがあるようです。若干こもった感じで、マイクケーブルで言えばカナレのような雰囲気があります。
協和ハーモネット 製の USB ケーブル で、布系の編み込みジャケットが被せられた BRAID シリーズの1つです。あまり見かけませんが、電子部品の店などで販売されています。価格そのものは 500円/m 程度と、一般的な USB ケーブルと変わりません。しなやかで扱いやすいケーブルですが、 音の方はかなりイケてます 。少し大人しい傾向ですが、嫌な音が出てこず、低域もぼやけないので、安心して使える感じです。B 端子側にフェライトコアを付けていますが、付けた方が若干締まりが出るようです。

第三段


LINDY のプレミアムゴールドシリーズです。なんと 25年のメーカー保証 という、他に類を見ない超長期の品質保証付きです。いずれも品名は プレミアムゴールド USB 2.0 ケーブルとなっていて紛らわしいですが、実物はかなり差があります。
はメーカー型番 37671(一の位は長さなので、2m なら 37672)というもので、やや細めのケーブル本体に、目の荒い編み込みジャケットが被せてあります。ジャケット込みの太さが 5mm 弱なので、ケーブル本体は 4mm 程度でしょうか。
はメーカー型番 37651(同じく 2m なら 37652)というもので、太さは 5.5mm ほどあります。それもあって、けっこう固さがあり、取り回しはあまり良くありません。B 端子側のフェライトコアは、後から取り付けたものです。

プラグ部分は、どちらも重厚な金メッキが施されています。これだけで数 10g はある感じですが、磁石には反応しないので鉄ではなさそうです(もっとも、差込み部分は磁石に吸い付きます)。

同じシリーズで、型番もよく似た2本ですが、音は全く異なります。 37671 は、低音が締まるものの、中高音に伸びやかさがなくなって窮屈な印象です。対する 37651 は、全体的に伸びやかさがあり、低音も深いところまで輪郭が明瞭でかなり良いです。無理して真面目に振る舞うのではなくて、 真面目がナチュラル といった感じです。

これだけ豪華なので、USB ケーブルとしては破格に高く、どちらも 2600 円ほどします。でも、これを「オーディオ用」と称して売ればもう1つゼロが増えるでしょうね。ボロい商売です。流通量が少なく、評判もあまり聞かないメーカーですが、これはなかなか良いものを掘り当てました。

0 件のコメント: