2013年6月26日水曜日

マウスを新調: Mad Catz R.A.T. 7

キーボードの買替え に合わせて、マウスも買い替えました。購入したのは Mad Catz が Cyborg ブランドで出している R.A.T. 7 Contagion です。もともと同社の R.A.T. 5 を使っていましたが、R.A.T. 7 の方が調整個所(可動範囲)が多いので、より手に馴染むものを、ということで買い替えました。

大してゲームをする訳ではありませんが、一般のマウスよりもゲーミングマウスの方が手に馴染むものが多いので、今回もゲーミングマウスの中から選ぶことにしました。

選考基準は、
  1. 自分の手に馴染むこと
  2. Mac 用のメーカー純正ドライバがあること
の2つです。2を前提とすると、
  • Mad Catz
  • Razer
  • Logicool
辺りが候補になりますが、Logicool はドライバが他のソフトと干渉することが多かった印象があります。ホイールのクリック感の有無を切り替えられるギミックは面白いですが、クリック感とセンサーの位置がズレていた(ホイールは1クリック分動いているのに画面上では反応がない、クリックとクリックの中間で反応があるなど)のも悪印象です。また、実際に触ってみても、サイドボタンなどのクリック感が良くないなど、細かい部分で雑な印象を受けます。

Razer はけっこう興味があったのですが、ほぼ全てのレビューで( Windows 環境でさえ)ドライバソフトの出来が良くない、という話が出ていたので、これはダメだなと。

結局、現在も使っていて、特別大きな不具合がない Mad Catz に落ち着きました。

 R.A.T. 7 Contagion は、従来の R.A.T. 7 が最高 5600DPI だったのを 6400DPI のセンサーにアップグレードし、 ツヤありホワイト 仕様にしたモデルのようです。右の R.A.T. 5 もそうですが、もともとマットブラックだったので、見た目のインパクトがあります。

マットホワイト仕様(ゴム塗装)の R.A.T. 7 Albino もあります。また、R.A.T. 7 もすぐ後に 6400DPI にアップグレードされています。

R.A.T. 7 以上のモデルでは、 右側面のパーツ が交換できます。写真はピンキーレスト(小指置き)タイプで、これが R.A.T. 7 を使いたかった理由の1つです。また、 パームレスト も交換でき、写真では標準より嵩の高いタイプに交換してあります。これら2ヶ所のパーツは、ゴムを貼った滑り止めタイプもあります。

ちょっと分かりにくいですが、親指を乗せる 左側面のパーツ も、R.A.T. 7 以上のモデルでは、角度と前後位置が調整できます。

「手が大きい」と言われることが多いのですが、測ってみると手のひらの大きさが11cmくらい、中指の長さが8.5cmくらい、親指の先から小指の先までが21cmくらいです。いわゆる「つまみ持ち」よりは「かぶせ持ち」派で、大柄で比較的重たいマウスが好みです。実は最も大きくした R.A.T. 7 でさえ小さいと感じるくらいですが、慣れの問題もあるでしょう。

写真には撮っていませんが、パームレストの下に を入れることができ、0g 〜 30g まで 6g 刻みで調整できます(6g の錘が5個付属)。今は3個入れていますが、これも少しずつ調整しなければ。

0 件のコメント: