2013年6月21日金曜日

Fidelia 1.3.1

Mac App Store で Fidelia の最新バージョン 1.3.1 の頒布が始まっています。

今回のアップデートの内容は、
  • より向上したオーディオシステム
  • レティナディスプレイのサポートの改善
  • FHX のアップデート
  • パフォーマンスと信頼性の大幅な改善
となっています。

早速アップデートしましたが、ぱっと聞く感じでは、従来よりも 全体的に大人しい音になった 印象です。オーディオ的な言い方をすれば、ノイズフロアが下がって刺々しさがなくなった、と言えば良いでしょうか。悪く言えば、ガッツがなくなって、ステージから一歩遠ざかったような感じもあります。

もともと Fidelia の音は ちょっと派手め という印象でしたが、その派手さがなくなったように思います。100Hz 辺りから下を 1.5dB くらいカットしたような、モニタースピーカーで言えば Bass 側を1段階落としたような、けっこう大きな変化です。

思いのほか音質の変化が大きかった というのが正直なところで、良くなった/悪くなったというより、驚きの方が先に来ています。明らかに悪くなったという感じではありませんが、最初のインパクトが落ち着いてからでないと、良し悪しの判断はできなさそうです。

ヘッドフォンプロセッサーの FHX は、 購入したもののあまり使っていないので 比較が難しいですが、やはり曲を選ぶ印象は残っています。クラシックなどは比較的自然にかかりますが、ポップスではない方がマシで、そのクラシックに関しても細部が潰れてしまうので、やはり4300円出して追加購入するほどの価値はないように感じます。

0 件のコメント: