2013年2月27日水曜日

MacBook Pro 15 インチ Retina ディスプレイモデル (Early 2013) 購入

先日マイナーアップデートされたばかりの MacBook Pro 15インチ Retina ディスプレイモデル を購入しました。発表直後の2月15日の夜に注文し、24日の午前に到着しました。上位モデルの SSD 容量を512GBにアップし、USキーボードに交換したため、少々時間がかかりました。
シンプルで薄い化粧箱です。最近はシンプルな、あるいはスタイリッシュな化粧箱を使うメーカーも増えてきましたが、やはりアップル製品の水準は高いですね。
蓋を開けるとすぐに本体がお目見えします。
本体の下には電源アダプタなどのアクセサリが納められています。
付属品はたったこれだけです。電源アダプタと付け替え用の延長コード、クリーニングクロス、リンゴのシール、PCリサイクル券などです。
本体は厚みが1.8cmと非常に薄くなっています。現在の薄型ノートパソコンの代表である Ultrabook では、14インチ以上では厚さ21mm以下、14インチ未満では18mm以下ですから、15インチで1.8cmというのはかなり頑張った数字です。なおかつ、バッテリ駆動時間は公称7時間なので、上手くすれば日帰り出張の間もたせることも可能でしょう。
右はこれまで4年あまりにわたって活躍してくれた MacBook (Late 2008) です。照明が映り込んでいますが、それにしてもディスプレイの黒さの違いに驚かされます。

買い替えの動機は、この MacBook の不調でした。最近、ディスプレイスリープから復旧しない、トラックパッドの反応が悪くなるときがあるといった症状が出始めていて、さすがに4年間、毎日朝から晩までこき使われてくたびれてきたのでしょう。この MacBook は、 メモリを増設したりSSD に交換したり 、バッテリも交換したり、かなり手を入れて使ってきたので愛着があります。完全に壊れるまで家でまったり使うか、不具合が表面化する前に下取りに出してしまうか、悩みどころです。

とりあえず、今日はここまで。

0 件のコメント: