2013年1月28日月曜日

Focusrite Forte 購入

Fireface UC の後釜をどうしようかと 考えていましたが( 12 )、結局 Focusrite のフラッグシップ Forte を購入しました( 国内代理店はこちら )。

Forte というネーミングは、1980年代に一世を風靡したレコーディングスタジオ向けのコンソール "Forté" との繋がりを暗示(明示?)します。2-in / 4-out で拡張性のないコンパクトなインターフェイスに、このような伝説的な製品名を付けてくるあたり、 Focusrite の本気具合がひしひしと感じられるじゃないですか。

化粧箱は、アップル製品を思わせるスタイリッシュなものです。箱の各面には、実寸大の本体の写真がプリントされています。背面は特徴やスペックの記載のみで、さすがに裏面の写真はありませんでした。

本体は、実際に持ってみると大きさから想像するよりも軽い、という印象を受けます。公称 467g なので、ペットボトル1本分よりちょっと軽いくらいですが、金属的な外観が重量のありそうな雰囲気を出しているからでしょうか。

ケースはアルミニウムで、裏面以外には継ぎ目がなく、滑らかです。継ぎ目の隙間は MacBook Air / Pro のようにピッタリではなく、目測で 1mm くらいは空いています。ディスプレイ付近のプラスチックは、隙間なくピッタリとはまっています。

よく比較される Apogee Duet 2 は、実機を持っていないので厳密な比較はできませんが、 Forte の方が若干大振りなようです。もっとも、 Duet 2 はインプットもアウトプットもブレイクアウトケーブルが必要ですが、 Forte は本体にアウトプットがあります。プレイバックだけならブレイクアウトケーブルが不要なので、荷物が1つ減るのは良いですね。

あまり紹介されていないようですが、右側面の後ろ寄りにケンジントンロックの穴が空いています。

 OLED のディスプレイは発色が良く、反応も早く、良い感じです。4つのタッチボタンを長押しするとサブメニューが表れ、ノブの回転とクリックで各種の機能(たとえばミュートや Dim )を ON / OFF できます。

ドライバと一緒にインストールされる Forte Control も、一覧性が良くて迷うところがありません。ピークホールド時間やサンプリングレートの変更も、このソフトから可能です。

肝心の音質は、とりあえずプレイバックのみですが、さすがは Focusrite の新しいフラッグシップという印象です。これまで使っていた Saffire Pro 24 DSP に比べて、クリアで艶やかな音です。「艶やか」というのがミソで、これこそ Fireface UC を手放すきっかけだったので、アテが外れなくて良かったです。(音質ではなく)音色だけで見ると Fireface UC より Saffire Pro 24 DSP の方が(もっと言えば Saffire 6 USB でさえ)良かったので、 Focusrite に対する信頼度はもともと高かったんですが、 Forte だと音質も Fireface UC を超えていると感じます。

ま、判官贔屓かも知れませんけど。

電源アダプタを使わないと、ラインアウトとヘッドフォンアウトの出力レベルが -18dBFS までに制限され、ファントム電源も利用できなくなりますが、ヘッドフォンアウトの最大出力が 30mW/150Ω しかないので、スタジオ向けの高インピーダンス、低能率のヘッドフォンだと、電源アダプタなしでは若干音量不足になるかもしれません。

この -18dBFS までというのは、かなり思い切った判断です。英断と言っても良いでしょう。モバイル型の I/F である以上バスパワー対応も必要、でも音質のことを考えると無理な省電力化は避けたい、というギリギリのラインなのだと思います。電源アダプタは小型ですが、 5V/3000mA もあるので、 Forte がフルパワーを発揮するには 15W 近い電力が必要ってことですよね。モバイル型としては桁違いに大食漢なんじゃないでしょうか。 RME Babyface は 10-in / 12-out で DSP エフェクトまで付いてバスパワーなので、 2-in / 4-out の Forte と比較するとここまで違うものかと驚きます。

Duet 2 との比較で、「ファントム電源を使うのに電源アダプタが要るんじゃ意味ないじゃん」という趣旨の意見を目にしますが、無理に省電力化して音質が犠牲になったのでは本末転倒ですしね。もちろん、 Duet 2 はバスパワーであの音なので、絶対に無理という訳でもないんでしょうが。

ちなみに、開梱当初、バスパワーで上手く動作しない不具合がありましたが、どうも USB ポートの電源供給能力の問題のようです。バスパワーモードのときは 500mA 目一杯まで使っているようで、ハブ経由で他の USB デバイスと共用するのはもちろん、別のポートでも内部的に同一系統だと供給能力が不足するようです。

今回も アールズの大傍さん に相談しました。話が行ったり来たりでご迷惑をおかけしましたが、おかげさまで大変満足しております。ありがとうございました。

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

大変、参考になりました。
ネットではRMEが全て良いと持ち上がってますが
音質では無く、ドライバや安定感ですね。
それだけは同意してます。

S'bhuth さんのコメント...

コメントありがとうございます。RMEは信頼性が高く、機能も充実していて、音質も良いと三拍子揃っていますが、やはり色気が足りないと感じます。無色透明であることを目指しているのだとは思いますが、ちょっとストイックになり過ぎという気がしますね。Focusriteのような嫌味のない色気は、かなり好みです。