2012年1月21日土曜日

Enqueue が Mac App Store に登場

ことあるたびに紹介してきた Enqueue ですが( 初出バージョン0.4.90.4.100.6.2 )、本日 (米国1/20、日本1/21) から Mac App Store で販売 が開始されています。価格は、現時点で850円です。これに伴い、開発者ウェブサイトからのダウンロードは、従来のベータ版も含めてできなくなっています。

メリット、デメリットは既に上記の各記事で書いてきましたが、まとめておくと...
  1. 音質
    1. 再生エンジンに、 Mac用高音質プレーヤー として有名な Decibel の作者である Stephen F. Booth 氏が手がけている SFBAudioEngine を採用しています。このエンジンは、もちろん Decibel にも採用されており、高音質での再生が可能です。
    2. もっとも、そういった高音質プレーヤーと違って、現時点ではアップサンプリング、インテジャーモード、排他モード、フルメモリープレイ、ディザなどの機能は備えていません。また、バッファサイズの詳細も不明です。
    3. 聴感上は、iTunes よりもクリアに聞こえます。本家本元の Decibel には及ばないものの、「普通にいい音」と言える音質だと思います。
  2. 機能
    1. ライブラリ、プレイリストとは別にキューリスト(再生する曲の予約表みたいなもの)があるため、iTunes よりも柔軟です。たとえば、複数のプレイリストを連続再生したり、複数のプレイリストから「いま聞きたい曲」だけを連続再生したり、といったことが可能です。
    2. 再生履歴がグラフ化されるので、見た目に分かりやすく、この点も iTunes より優れています。
    3. 反面、ライブラリやプレイリストから、曲を他のアプリケーションにドラッグ&ドロップできません。Finder もダメなので、たとえば iTunes のように、プレイリストにある曲をデスクトップの USB メモリにコピーする、といったファイル操作が不可能です。
    4. iPod などの同期には対応していないようです。
総合評価としては、「再生ソフト」としては 10点中8点 、「音楽ファイル管理ソフト」としては 10点中3点 という印象です。ファイル操作に対応していないのは、ライブラリやプレイリストの機能が優れているだけに、残念度合いが大きくなります。

率直に言って、現時点では 850円はやや高い という印象を拭えません。確かに高音質ですが、 Decibel や Audirvana には劣ります。それなら、iTunes を使いつつインテジャーモードや排他モード、アップサンプリングまで可能な BitPerfect のほうが便利でしょう。

個人的には、購入は見合わせるつもりです。iPod などの同期とファイル操作に対応すれば、850 円は十分出す価値のあるソフトだと思います。それまでは、様子を見ようと思います。

0 件のコメント: