2012年1月16日月曜日

Crucial M4 のファームウェア・アップデート

Impress の Akiba PC Hotline ! の記事 で知りましたが、 MacBook (Late2008, アルミ) に登載した Crucial M4 シリーズの SSD に不具合があったようです。具体的には、合計動作時間が 5,184 時間を超えると SSD が一定時間反応しなくなり、その後、1時間ごとに同じ症状が発生する、ということのようです。原因は、S.M.A.R.T. 情報の誤処理のようです。

影響を受ける SSD は、CT***M4SSD1 と CT***M4SSD2 です。僕の MacBook に積んだのは CT256M4SSD2 なので、アップデートが必要です。

ファームウェアは、 Crucial のダウンロードページ から、Version 0309 を入手します。英語ですが、 guide をよく読んで作業にかかります。現在手元に空の CD-R がないので、明日、家から持ってきて作業することにします。

作業手順としては、大雑把にリストアップすると、
  1. バックアップをとる(ファームウェア・アップデートはユーザエリアに影響を与えませんが、何らかの理由でアップデートに失敗したとき、データ救出が不可能になる可能性があります)。
  2. ダウンロードした zip ファイルを解凍し、ISO イメージファイルを取り出して、空の CD-R に焼く。
  3. 再起動し、CD-Rから起動する(起動中に C キーを押し続ける)。
  4. コマンドが自動実行されて、
    Searching for eligible SSDs...
    The following drive is eligible for a firmware update:

    M4-CT***M4SSD*
    **********(シリアルナンバー)
    *****(現在のファームウェアのバージョン)

    Update firmware on this drive?
    Enter 'yes' or 'no', case sensitive.
    ->
    と訊かれるので、「yes」を入力。
  5. アップデートが終わったら、電源ボタン長押しでシャットダウン。あとは普通に起動すればOK。
となるようです。

0 件のコメント: