2012年1月1日日曜日

あけましておめでとうございます

旧年中は万事にわたってお世話になりました。
ありがとうございました。
本年もなにとぞ宜しくお願いいたします。

さて、2011年は、言わずもがな、何に付けても大地震の年でした。イスに座っていましたが、酔っぱらっているような、目が回るような揺れ、というより「うねり」があって、最初は風邪を引いて熱でも出てきたか?と思いました。ふと天井を見上げると、部屋中の照明がゆ〜らゆ〜ら揺れていて、初めて地震だと気づきました。USTREMEで見た、東北の沿岸が津波に飲まれて行く映像は、今思い出しても胸が詰まります。

また、原発のずさんな設計、運用、想定の甘さなどは、史上最悪レベルの原子力事故へと発展しました。今から見れば、もし福島のメルトダウンや水素爆発がなければ、少しでも復興が進んでいたはずです。

ところで、最近、震災関連の募金箱などが減ってきているように思います。しかし、むしろ今からこそが現金が必要な段階だと思います。NHKや赤十字の募金は「敢えて」行く必要があるので、どうしても心理的な抵抗感が拭えません。コンビニなどで釣り銭であっても募金できる方が、震災を多くの人の記憶にとどめることもできて良いと思います。事業者の皆さん、もっと募金箱を設置してください。

原発といえば、節電です。僕もこうして電気の恩恵にあずかっている訳で偉そうなことは言えませんが、原発をなくすために多少の不便は仕方ありません。原発廃止か快適な生活かの二者択一なら、原発廃止を採ります。新築のお宅の前に、家庭用ガス発電機を見かける機会が多くなりました。電力市場を自由化すれば、エコロジカルな発電方法の開発・普及も進むはずです。

個人的に、最近「お香」を始めました。といっても、本格的なものではなくて、スティック状やコーン状のお香ですが。手軽なので、深夜に帰宅しても、寝る前の数分間だけ楽しめます。今年から趣味の1つに加えられればと思います。

0 件のコメント: