2011年10月13日木曜日

「それ、iPadですよね」「xxxx君、iPhone持ってるでしょ?」

おやじ様が ICONIA TAB A500 をお買い上げになって数種間が過ぎました。職場の会議で紙資料の削減のために iPad が配布されているのを見て、あたらし物好きの血が騒いでタブレット端末が欲しくなったようです。

しかし、それを見た人の大半が iPad だと思っているようです。いくらサイズや形状が似ているとはいえ、間近で見ているのに(ちなみにケースカバーは付けてません) iPad と ICONIA を区別できない人がいるというのは、個人的には 信じ難い のですが、世の中の多くの人はそうなのかも知れません。

僕のケータイは(ガジェット好きな人からすると石器文明のような)HT-03A ですが、これも持ち始めた当初は「xxxx君、iPhone使ってるよね」と頻繁に言われて辟易していました。「いや Android だよ」と答えても、99%「 Android ってなに?」と聞かれるので、正直、面倒くさいんです。

さすがに Android のスマホも増えてきて、新聞なんかでも取り上げられるようになったので、今さら間違えられることは減ってきましたが、今度はタブレット端末がそういう境遇にあるようです。

一昔前は、携帯音楽プレーヤーといえば iPod(そのもう一昔前は Walkman )で、当然これらは商標なので Apple なり SONY なりしか使えないものですが、「 Panasonic の Walkman 」とかいう人も、けっこういましたね。でも、これは、「SONY製でも、Panasonic製でも、ポータブルプレーヤーは Walkman と呼ぶ」という誤解なので、まあ無邪気なモンです(商標権という意味では大問題ですが、別製品であることに誤解はないので)。

ICONIA TAB を iPad と間違うとか、Androidスマホを iPhone と間違うのは、 道路を走ってる車は全部カローラでしょ? と言うのに等しい間違いだと思うんですが、なぜか許されているのが不思議です。

0 件のコメント: