2011年9月16日金曜日

TASCAM DR-40, Roland R-26

生録向けポータブルレコーダーの定番、TASCAMとRolandから、それぞれ新製品が発表されています。

TASCAM DR-40 は、可動式マイク、4トラックレコーダー(内蔵マイク+外部入力)、+48Vファントム電源登載、ワイヤードリモコンなど、 DR-100DR-07MkII の良いとこ取り+@といった印象です。DR-100は存続するようなので、音質面では差別化されていると思いますが、機能面ではこちらのほうが豊富で、ZOOM H4n的な印象を受けます。

オープンプライスですが、店頭価格は 2万円前後になる見込み のようなので、サイズさえ問題にならなければ、これから生録やバンド録音を始める人には魅力的な製品だと思います。

Roland R-26 は、内蔵指向性マイク、内蔵無指向性マイク、外部入力(+48Vファントム電源登載)の合計6トラックまで同時録音可能で、タッチパネル方式の大型ディスプレイ、大型の入力レベルつまみなど、従来の製品にあまり類を見ないデザインです。USBオーディオI/Fとしても動作するようです。

イケベ楽器サウンドハウス では44,800円となっているので、最近の同種製品からすると1ランク上の価格帯です。個人的に、デザインが酷いと思う(これに限らず、RolandはシンセでもオーディオI/Fでも、メカメカしさが強調されている割に近くで見ると安っぽさが目立つ気がして、あまり好きになれません)のであまり買いたくはありませんが...

0 件のコメント: