2011年9月15日木曜日

Steinberg から新しいオーディオI/F - UR824 と UR28M

Rock oNのユース 経由。

UR824は、28in/28outのオーディオI/FでUSB2.0接続、UR28MもUSB2.0で4in/6out。いずれもDSPエフェクト内蔵とのこと。

UR824は、MR816シリーズの後継機種になるようです。UR28MはCIシリーズの後継機種ということでしょうか。いずれもJetPLL登載とあるので、今回もまたTC Electronicからライセンス、技術提供を受けているようです。

UR28Mは、モニターコントローラ的な卓上型です。CIシリーズではMIDIコントローラと一体化されていましたが、方針転換でしょうか。CC121などがあるとはいえ、「Cubaseとのシームレスな連携」がウリだったはずでは? 個人的には、モニターコントローラのほうが汎用性があって良さそうに思いますが。

ちなみに、 Rock oNのニュース記事 では
中途半端なDAWコントローラーは付けずに操作系統はCC121やMC、Automap等に任せ、卓上インターフェースには音に関わるモニターコントロール機能を厳選搭載したURの狙いは正直共感が持てます。
と書かれていますが、 CI2+に関する2010年7月3日の紹介記事 では、
もちろん自慢のAI knobも使用できますからコンパクトな筐体からは想像できないほど機能性を秘めているといっても過言ではないでしょう!
といって、かなり高く評価しています。・・・まあ、しょせん販売店の口上ですからね。

個人的にはそれほど魅力を感じませんが、MR816シリーズなどは良く売れたのでしょうか?

0 件のコメント: