2011年9月8日木曜日

PreSonus Monitor Station 導入 [2012/1/21追記]

三木楽器の楽天市場店 で29,800円だったので、ついついポチってしまいました。何台ものヘッドフォンを使うことはないし、モニタースピーカーも1組しか持っていませんが、やはり音量を手元で瞬時に、直感的に、確実に操作できるのは便利です。

Fireface UC は、TotalMix FX になってから、スピーカーを "Main" と "Speaker B" とに分けて、切り替えられるようになっています。もちろん、どのラインアウトを "Main" や "Speaker B" と定義するかは、自由に決められます。また、ヘッドフォン出力も自由に定義できます。さらに、Mute、Dim、Recall なども備えており、1台でモニターコントローラとしても機能するようにできています。
ただ、TotalMix FX が別のアプリの背面に隠れているときは(そういう場合の方が多い)、いったん前面に出して、マウスで狙い澄ましてポチッとやる必要があるので、けっこう面倒なんですね。音量の微調整も瞬時にやるのは難儀で、行き過ぎないように気を使います。
やっぱり、そういう辺りはハードウェアの方が便利というか、目をつぶっていても間違いが起きにくいのは良いことです。

取扱説明書を読むまで分からなかったことや、実際の使用感などを少々。

まず、よく問題視されるレベルメーター。キャリブレーションは3段階に切り替えられるだけで、微調整が効きません。輸入代理店の 製品紹介ページ では、
信号レベル(-10dB、+4dB、+10dB)に合わせて3つのモードに設定することができます。 
とありますが、メーカーの説明では
Dual 8-segment LED input meters with selectable  +4, +10, or +18 dBu reference level
となっていて、こちらの方が正確です。つまり、メーターの表示範囲は "0dB〜 -24dB" で、基準レベル(0dB)を +4dBu とするか、+10dBu とするか、+18dBu とするか、を選択できます。たとえば、規定出力レベル +4dBu の機材なら、Monitor Station のレベルメーターも 0dB = +4dBu で設定すれば良い訳です。
従って、Monitor Station をオーディオインターフェイス(やDAコンバータ)に繋ぐ場合、その規定出力レベルが問題です。0dBFS のデジタル信号をDA変換したとき、何dBu (dBV) の出力になるのか、です。
Fireface UC の場合、Fireface USB Settings で規定出力レベルを +4dBu にした場合、0dBFSの信号に対して +13dBu を出力します。同様に、-10dBV に設定すると +2dBV = +4.22dBu となり、Hi Gainだと +19dBu となります。つまり、 Fireface UC の出力レベルと Monitor Station のレベルメーターの折り合いがつくのは、Monitor Station のレベルメーターを +4dBu にセットし、Fireface UC の規定出力レベルを -10dBV にセットしたときだけ 、となります。

これは、けっこう面倒というか、気が利かない仕様です。

次に、スピーカーレベル調整ですが、右に回し切った状態でゲイン1倍、左に回すほど減衰という仕様です。ただ、ゲイン1倍だとクロストークがあって、メインのボリュームを絞り切っていても微かに音が聞こえてきます。ヘッドフォンのボリューム、Mute ボタンも同様で、完全には消音できずに漏れてくる音があります。

発熱は、気になるほどではありませんが、放熱孔が開けられているのに見合う程度には熱くなります。

AC アダプタは、文字通り AC を出力しています。Fireface など RME 製品の場合は AC/DC どちらで入力しても良い仕様ですが、Monitor Station では AC 専用のようです(本体の記載によれば 16VAC/10W)。

音質面では、特に不満はありません。気持ち程度にはステレオ感・定位が悪くなり、PreSonus らしい(?)高域のクセが付きますが、ソースのキャラクタは失っていないように思います。値段(実売33,000円前後)を考えれば、十分納得できる音です。

[2012/1/21追記]
帰宅が遅くなり、ヘッドフォンで聞く機会が増えて、何やら気持ち悪い感じがしていましたが、調べてみると ヘッドフォン出力が4つとも左右が入れ替わっている ようです。3台のヘッドフォンを使い、Fireface UC のヘッドフォンでは問題がなく、Monitor Station では入れ替わるので、Monitor Station の問題と見て間違いありません。なお、スピーカー出力とレベルメーターは正常です。

海外のフォーラムでも話題になっているので、一定のロットで生じている問題なのか、実は全個体で生じている問題なのかは分かりませんが、少なくともユーザは要チェックでしょう。

三木楽器で購入したものですが、購入時期からすると初期不良扱いではなくメーカー保証になると思うので、地元の楽器屋に持ち込んだほうが話が早いかも知れません。

0 件のコメント: