2011年9月6日火曜日

アカンがな...

こんなプラグを見つけました。テーブルタップとか壁コンセントの拡張用に良さげ。もちろん、特定電気用品なので PSE 届出済み。
 プラグの根元にはカバー付きで、トラッキング火災↓の予防策もバッチリです。

・・・・・と思いきや?
なんか金属らしきものが... 反対側にも同じものが露出しています。

ちゃんとプラグと導通してます。テスター棒の接触抵抗を考えると優秀な値...って良いのか? 個人的には、ちと使う気になれません。Panasonicとかのスイング式プラグでも、目を凝らしてみれば導体が見えるんですが、ここまで露出しているのは初めて見ました。

スイング式って、便利なようで不便なようで、いずれにしても好きになれないんですが... 折曲げても真っすぐでも使えて、使用場所を変えても使い続けられるってのがウリなのは分かりますが、グラグラして不安定だし、無駄に接点が多くてトラブルの原因になりそうな印象があるんですけどね。

0 件のコメント: