2010年8月14日土曜日

TASCAMからUSBオーディオI/Fの新製品が登場

TEAC の業務用オーディオ機器ブランド TASCAM から、USB2.0対応のオーディオI/Fとして US-800 が発売されることになったらしい。発売予定日は今月下旬、価格はオープンプライスとのことだが、 サウンドハウスでは24,800円 となっている。

US-800は、すでに Winter NAMM 2010 で 発表されていた ものの、価格・発売日ともに未定となっていた新製品。8IN/6OUTで、うち6INがXRL/TRSコンボジャックでマイクプリを内蔵、残る2INがS/PDIFとなっている。出力側は、ラインL/Rで2OUT、ヘッドフォンで2OUT、S/PDIFで2OUTという内訳のようだ。上位機種としては US-2000 があり、こちらは16IN/4OUTで8マイクプリなので、その機能限定版と考えれば分かりやすい。電源はACアダプタで、バスパワー動作はできない。消費電力が9.0Wだから、これは仕方ないところだろう。なにげにDSPミキサも内蔵していて、本体の8INとDAWからの6リターンを2OUTにまとめることができる。

個人的には、ライン出力が -10dBV なのがやや不満だ。+4dBuのバランス出力だと良かったんだけれど... 欲をいえばあと2OUT増やして、DSPミキサも4OUT(あるいはヘッドフォン出力も独立させて6OUT)だと隙がなくなるのに、と思う。その仕様でも、3万円くらいなら安い方じゃなかろうか。

0 件のコメント: