2009年10月5日月曜日

マイク、オーディオI/F、スタンド、ケーブル購入

件(くだん)のブツ が入荷したとのことで、アールズまで。

マイクは、けっきょく、 AKG Perception 220 ということになった。ホームレコーディングを想定した単一指向性コンデンサマイクで、ダイヤフラムは1インチと本格的な仕様だ。300Hz (12dB/oct.)のローカットフィルタと20dBのPadを装備し、けっこうしっかりしたスチール製のショックマウントが付属している。

ちなみに、下位機種の Perception 120 は2/3インチダイヤフラムでバックエレクトレット型、上位機種の Perception 420 は指向性切換え式の1インチダイヤフラムとなっている。

個人的に、sE Electronics sE4も捨て難かったが、AKGなら安心と信頼の実績があるし、ラージダイヤフラムなので大編成の音もしっかり捉えられるだろうという読みから、こちらになった。

オーディオI/Fは、10/1に発売されたばかりの Focusrite Saffire 6 USB だ。 Roland UA-25EX も候補に挙がったが、Focusriteのプリアンプには定評があるので、間違いなかろうという判断だ。UA-25EXだと、最高24bit/96kHzでの録音にも対応しているが、フルデュプレックスでの再生はできないし、Pro Toolsの廉価モデルも24bit/48kHz止まりなので、サンプリング周波数よりもプリアンプ(を含む回路全体の)音質の方が重要だろうというのも、理由の1つだ。

ケーブルは、大傍さんが直々に選んできてくれたとのことで、安くても信頼できそうだ。さすがにコネクタがショボイので、NeutrikかITT Canonに交換しても良いかも知れない(Neutrikはどこかに2〜3ペア余ってた気がする)。

スタンドは、写真に納まりきっていないが、AKGの発売元であるヒビノのお偉いさんご推薦とのこと。マイクが比較的重い(本体重量525g/1本)のと、セッティングの幅広さから、安くても2本立てた方が良いとのことで、そういう運びとなった。

後は、僕の都合のつく日に録音の機会があるか、という問題が残るが、こればかりは...

0 件のコメント: