2009年9月20日日曜日

アールズ訪問

知る人ぞ知るオーディオショップ、否、 サウンドスタイリスト大傍さん を訪ねて東大阪まで。これまで長い間、「録音をやってみたい!」と密かに思いつつ実行に移せなかったのだが、なぜか最近、急にその思いが強くなってきていた。レコーディングやプロオーディオといえば大傍さんの専門分野だから、相談しない手はない。

今のところ、僕が目をつけているのは、 StudioProjects C4sE Electronics SE4 だ。どちらも、ステレオペアで5〜6万円程度と、初心者である僕が手を出すには高めの部類かもしれない。

StudioProjectsは、米国カリフォルニア州に本拠を置く新興メーカーで、なかなか評判も良いらしい。C4は、カーディオイドとオムニの2つのマイクカプセルが標準で付属するほか、ショックマウント、風防、キャリングケースがセットになっている。ただ、高域に独特の歪み感があるらしく、 変人音館 で公開されているサンプル録音を聴くと、確かにクリアラッカーのようなカチカチテカテカな印象。一説によるとダイヤフラム自体の問題らしいので、モデルチェンジ後もほとんど同じような音なのかも知れない。

対するsE Electronicsは、英国に本拠を置き、ダイヤフラムだけでなくケースなども自社生産しているらしい。サンプル録音は、軽く探した限りでは見当たらなかった。SE4は、カーディオイドのカプセルが標準で、オムニとハイパーカーディオイドのカプセルが別売のオプションになっている。ステレオペアで買えばショックマウントとステレオバーが付属するようだ。しかし、ペア6万円となると、AKG C 451 Bのマッチドペアが10万円そこそこなので、ちょっとビミョーな価格帯ともいえる。

もう少し安いところでは、SeideやMXLあたりも良さそうだ。少なくとも、オンマイクで録ったサンプルを聴く限り、悪くはない。ただ、僕が録りたいのは吹奏楽やオケの大編成をワンポイントステレオで、という方向なので、いささか心許ない気がしないでもない訳だ。僕は凝り性なので、あまり頼りないマイクを買っても、絶対、近い将来買い替えたくなるのは間違いない。

そうはいっても、スタンド、ケーブル、マイクプリ(or USBオーディオI/F)も必要なので、あまり高いマイクは予算的にも厳しい。マイクプリに3〜4万円はかかるだろうから、ケーブルやスタンドも合わせると10万円では収まらないかもしれない。

・・・そんな話をしつつ、試聴室の音を聴かせてもらって、自分のシステムの音が変な方向に走っていないか確認。前回(2006年2月17日)聴かせてもらってから2年半くらいは経っているし、その間に DACを作ったりスピーカーを作ったり しているから、ちょっと不安だったが、結果的にはこの間の変化も間違いではなかったようだ。家に帰ってから、大傍さんの音を思い出しつつ、スピーカーの置き方をちょっと調整した。

録音の機会は10月中頃にやってきそうなので、もう少しリサーチしてもらうこととしつつ、今日はおいとましてきた。

0 件のコメント: