2009年6月8日月曜日

Kensai(賢才/ケンサイ)

変わった名前だが、新手のスピーカーだ。 Impress AV Watchの記事 を参照。

----- 追記 -----

Phile-webでも 紹介されている

----- ここまで -----

英国は AudioSmile なるメーカーの製品らしい。 ステラヴォックスジャパン が代理店になるようだ。

しかし、これ、ウーファーは一見して SEAS Excel W12CY001 に見えるし、ツイーターも、 Bohlender Graebener Neo3W ではないか? W12CY001は、たぶん国内で取り寄せたら3万円/個くらい、Noe3Wは、国内での取扱いはなさそうだが、それでも1万円/個くらいのものだろう。ということは、ユニット代に8万円/ペア、ネットワーク関係で4万円/ペア、エンクロージャーに3万円/ペアとして、自作すれば15万そこそこで作れそうだ。売り物にすると3倍にも値段が跳ね上がる訳か...

もちろん、試行錯誤にかかる時間をバイトに回せば何万円も稼げるし、ビルダーの好み(個性)が重要だというのも確かだから、ボッタクリとは思わないけれど、ハイエンド系のユニットが簡単に手に入る今日この頃としては、やっぱり自作のコストパフォーマンスの良さを思わずにはいられない。