2009年5月30日土曜日

FR88-EX

買ったは良いものの、一度も音を出すことなく放置されている 哀れな FR88-EX をどうにかしてやらねばなるまい。

さりとて、どう使おうか。サイズ的にはデスクトップスピーカーに好適なんだけど、僕の場合はパソコンが iMac だから、防磁型でない FR88-EX は、ちょっと問題がある。しかも、すでに Dayton RS100S-8 を置いているから、似たようなものを2つも作っても面白くない。

・・・と思いつつ、海外の DIY フォーラムを覗いていると、このユニット、中音域の品質がかなり良さそうなことが分かってきた。具体的には、
  • 200〜6,000Hzくらいの間の周波数特性が、1200Hz付近の小さなディップを除いてフラットで、ピークが10,000Hz以上に追いやられていること、
  • 600〜4,000Hzくらいの間は、特にHarmonic Distortionが低く抑えられていること、
  • 400Hz付近がインピーダンスの谷で、20,000Hzでも3オーム程度しか上昇していない(3,000Hzまでなら1オーム以内に収まる)こと、
といった特徴がある。能率も公称84.4dBあるから、バッフルステップ補正も考慮すると、現代的な5〜8インチクラスのウーファーに良く合う(FR88-EXはスルー、ツイーターのみアッテネーション)。

つまり、3wayのミッドレンジユニットとして、何気に美味しい使い方ができそうな気がする訳だ。後面解放か、密閉だと1〜1.5litter程度を下限に作れば良いのではなかろうか。Peが15Wしかないが、500Hz程度でローカットしてやれば、けっこう大きな入力でも問題なさそうな気がする。

密閉型で作るとすれば、平行面を少なくした先細り型とか、バッフルでの反射を少なくした球体型(B&W 800シリーズのミッドみたいな)とかが面白そうだ。

2009年5月3日日曜日

一応の完成&液晶テレビ購入

久々の投稿...

3月中旬〜下旬は、卒業校の定期演奏会のお手伝いで走り回っていたし、4月に入ってからは、授業の準備、レポート、発表etc.で全然時間の取れない日が続いてしまった。

とりあえず、スピーカーを音が鳴らせる状態に使用ということで、組み上げてみた。板が届いてから少し時間が経ってしまったので、湿度の影響で2mm近い寸法差ができてしまい、カンナ掛け、ヤスリ掛けに矢鱈と時間を食ってしまった。まだ120番までしかヤスリを当てていないので、塗装はできていない。

不満を挙げればきりがないけど、ツイーターの落とし込みが、若干、大きくなってしまって、1mmほどの隙間が空いてしまったのが悔しい。塗装の際に黒く塗りつぶすことにしよう。

ツイーターとウーファーは、約2000Hzでクロスさせている。パーツは、主にJanzen Audioのコイル、コンデンサとRIT SELECTの抵抗を使っている。完成後の測定とネットワークの設計は、 麻布オーディオ京都店 にお願いした。

内部配線材は、SUPRA Classic 2.5H(ツイーター側)と同6.0(ウーファー側)を選んでみた。深い意味はなく、ユニットが北欧(ノルウェー)なので、同じく北欧(スウェーデン)のブランドにしようと思っただけ。


まだ鳴らし始めたばかりなので、ブレイクインが不十分だが、雑味のない、クリアで広がりのある音だ。弾むような低音は、アルミコーンの特徴だろう。ウーファーの高次歪みは、ネットワークの設計の際にできるだけ潰してもらったので、耳障りではない。

話は変わって、液晶テレビを購入した。日立 Wooo UT32-HV700B と純正のフロアスタンドだ。Woooステーションは使わず、ディスプレイ直結で使っている。この部屋にもアンテナ線は来ているけど、目当ての放送以外は見ない人なので、チューナーは不要だ。

従来使っていたCDプレーヤーは、長らく使っていなかったので、撤去した。ほとんどのCDは、iTunesで管理しているし、Saffire LEから 自作のDAC を通して聴く方が音質面でも好ましい。

音質的に褒められた配置でないのと、さまざまなケーブルが入り乱れて宜しくないのは承知の上だが、HDDレコーダで録り貯めた番組を夜の空き時間に見たりするのには、やっぱりiMacの画面よりテレビの方が良い。iMacだと、どうしてもイスに座って背筋を伸ばさないと目線の高さが合わないから、リラックスできない。

・・・この2つだけで、この3ヶ月間にン10万円もかかっていると考えると空恐ろしいのだが、それは敢えて突っ込まない方向で...