2009年3月3日火曜日

自作スピーカー - 構想編

手に入れてしまったもの は、使わなければもったいない。買うこと自体が無駄遣いともいえるけれど...放置すれば、なおさらもったいないから、やっぱり使うべきだろう。

というわけで、スピーカーの設計に取りかかる。実は、すでに木材も注文済みなのだけれど、記録の意味を込めて構想段階から。

まず、一般的には高級あるいはハイエンドと呼ばれるスピーカーに採用されているユニットだから、目標としてはそのレベルを目指したい。現在のスピーカーは、TANNOY Eyris 2(定価だとペア25万円程度)で、13cmウーファーの2.5way。低音の伸び、量感には、オルガン曲以外では特に不満もないので、これを超えるのが1つの目安だ。

Eyris 2は、在庫処分品を半額程度で購入したから、予算としては12〜13万円くらいに押さえたい。

もっとも、トリマーやトリマービット、大きなハタガネといった工具類も揃えないといけないので、それに2万円くらいは見込んでおく必要があるだろう。これは、今後も使えるという意味で別に計上することにする。

エンクロージャーの設計とそれに伴う板取り、塗装方法などは、別途考える必要がある。予算にも絡んでくるし、加工の難易もある。ウーファーの選択や、トールボーイ型かブックシェルフ型か(スタンドが必要か)といった話もあるし、何より、素人がスピーカーを作る上でメインになるのは、やはり木工中心のエンクロージャー作りだろう。

0 件のコメント: