2009年3月5日木曜日

自作スピーカー - 構想編(3)

自作スピーカー - 構想編(2) 」の続き。

設計の基本路線は TJL 2W を真似させてもらうとして、具体的にどう仕上げるかが問題だ。作例では20mm〜25mmのMDFで箱を作って、上から突き板を貼っているようなのだけれど、これを素人が奇麗に貼るのは簡単ではないだろう。2.5mm厚くらいのベニヤに貼ってあるものもあるが、これだとラインが残ってしまう。

かといって、シナ合板などを使うのもイマイチだろう。設計上、横幅はこれ以上ないほどカツカツなので、フロントに木口を見せることができない。そうすると、フロントバッフルがいかにも取って付けたようなデザインになってしまう。これは、僕の美学に反する。しかも、この設計では最長960mmの板が必要になるので、サブロク板だとどうしても余りが多く出てしまうのだ。

しかし、天然木の集成材となると、かなりお高くなってしまうのではないか。・・・と思って調べてみたら、意外に安く仕上がりそうなのだ。メープルやウォールナットのような銘木でなければ、シナ合板でムダの多い板取をするより合理的な値段になることもあるようだ。

今回は、地元京都の会社であること、自宅から自転車で行ける距離にあること、ウェブサイトが充実していて作例紹介もたくさんあること、セミオーダーメイドの家具なども手がけられていること、などから、 海老名製材株式会社 に依頼することにした。

補強材はホームセンターで購入したMDFで自作することとして、外側の全ての部材をゴムの木(ラバーウッド)集成材とした。文字通り、ゴムの原料になる樹脂を採取した後の材木を寄せ固めたもので、ある程度の固さと重さがあるにもかかわらず、比較的リーズナブルな価格なのが魅力的だ。もっとも、導管が大きく、塗装の際の目止めは、多少面倒かもしれない。また、 耐朽性の高い木材ではないらしい ので、内部にも塗装する必要があるかもしれない。

0 件のコメント: