2008年7月25日金曜日

筆記具にこだわる


定期試験目前でヒマはないはずなのに、こういうときに限って物欲が頭をもたげてくるんだよね...

上は、 STAEDTLER の複合筆記具 avant-garde 。赤・黒の油性ボールペン、0.5mmのシャープペンシル、蛍光オレンジのマーカーが一体になった4in1の多機能タイプなのに、太さ11.5mmと普通のボールペン並、重さはわずかに18gと使いやすい。ペン先の がたつきしなり も少なくて、品の良い書き味だ。

下は、 ゼブラ 手帳用ツゥーカラー 。標準では赤・黒の油性ボールペンで何の変哲もない普通の手帳用2色ボールペンなのだが、実は 非常に豊富な替え芯 が用意されている。4C系という、長さ67mm、太さ2.4mmの金属製の替え芯なら、どれでも使えるのだ。さらには ジェルインクの芯 もあり、カラーバリエーションが豊富で、太さもいろいろ選べる。本体が1,000円、替え芯は80円〜160円だから、何本か使い分けても面白いだろう。

で、この2本のペンにどういう関係があるのかというと...

実は、STAEDTLERを始め、欧米の複合ペンでも、この「長さ67mm、太さ2.4mmの金属製の替え芯」というのがけっこう多かったりする。もちろん、メーカーの保証外だが、サイズはぴったりだ。

つまり、 avant-gardeでもゼブラの豊富な替え芯が使える ということ。これは、けっこう重要だ。何といっても、STAEDTLERでは赤・黒の油性ボールペンの替え芯しか出していないから、 青や緑を使いたい場合 には困ったことになるが、これが解決する。しかも、 水性ボールペンのサラリとした書き心地 まで手に入る。

僕の場合は、黒を使うときは万年筆で書くときなので、カーボンコピー用に油性の黒があれば足りる。シャープペンシルはめったに使わない。青(ロイヤルブルーかブルーブラック)も万年筆に入れているから、これも要らない。ということで、avant-gardeの赤をジェルインクに、ツゥーカラーの赤と黒をジェルインクのエメラルドグリーンとマンダリンオレンジに、それぞれ入れ替えた。

唯一の難点を挙げるなら、インクの絶対量が少ない上に、1本あたりの値段がけっこう高いことだ。まあ、メインは万年筆のブルーだし、試験の答案みたいに分量を書くときは黒の万年筆だから、そんなにガンガン減るものでもないだろう。

---------------
〔以下、追記〕

その後、調べてみると、同じゼブラでも油性ボールペンの芯は4Cという規格(かなり普及しているデファクトスタンダード)、ジェルインクの方はJSBという規格らしい。4Cは直径2.3mmであるのに対して、JSBは2.4mmのようで、場合によっては不具合が出るようだ。

とりあえず、キツイ感じはなくスルッと入ったから、このまま使ってみることにしよう。もしかすると、空気の置換がうまくいかなくなってインクが出なくなるかも知れないが...

0 件のコメント: