2008年5月28日水曜日

Dayton RS100S-8 到着

横浜ベイサイドネット で注文していた Rayton RS100S-8 が、今日、到着した。当初、今月20日頃に入荷の予定だったのが27日にずれ込んだとのことだったから、すぐに発送して頂いたようだ。

さて、本来なら 専用に設計した箱 に入れるべきなのだが、今は折しも中間試験のラッシュ期間で、今日も民法演習で撃沈してきたところだ。そして、明日には民事訴訟法演習(いちばん不安)、土曜日には商法演習(実質的には会社法演習だが)、来週は弁護士ゼミと刑事訴訟法演習のレポート提出、民事訴訟法演習の発表、再来週に行政法のミニテストと、まったく時間がない。

そこで、少しだけ時間をとって、今までデスクトップに置いていたスピーカーのエンクロージャーを流用することにした。このユニット、「4インチ」と称してはいるが、実際にはいわゆる8cmユニットと同じ寸法(開口直径73mm)なので、ほとんど無加工で取り付けられる。

とはいっても、 Fostex や TangBand の8cmユニットに比べるとコーンが深く作られていて、フレームも大きく張り出しているから、掛け値なしで直径75mmくらいの穴でないと取り付けられない( Fostex や TB だと、70mmくらいの穴でも付けられたりする)。ターミナルは8mmの大型タイプだから、これを逃がす切り欠きが必要だ。ネジ穴はこのサイズにしては多い6つなので、新たに開け直してやる必要がある。

そんなこんなで、1時間ほど作業してユニットの取り替えに成功した。バスレフポートは、直径0.8mm * 長さ15mm * 2個 だったのを、1個に吸音材を充填して1つとした。Vb=2.2リットルくらいだから、計算上は Fb=60Hz くらいだろう(もちろん、ポートはもっと大きく、長いのが望ましい。このくらい細いポートだと、風切り音が生じてしまう)。吸音材は少し多めに入れた。

さすがに、Vas=1.98リットル、Qts=0.82のユニットにしては小さすぎるから、低音が盛り上がって濁り気味だが、中高音の素性の良さは十分に感じられる(銅製のショートリングを持つ磁気回路らしいが、その恩恵だろうか? クリアでさわやかだが歪み間の少ない音という印象で、小気味よい)。低音も、この様子だと先日の設計で上手くいきそうだ。

しばらくはベストではない状態で聞くことになるが、新しい箱に入れる日が楽しみだ。

0 件のコメント: