2008年2月26日火曜日

エンブリヲ (2)

第3巻。完結・・・したのか?

ふつうに考えて、学校の地下に得体のしれない虫の巣があって、生徒やら警官やらが何人も変死してたら、建て替えとかなんとかいうレベルではないだろうし、刺された人や、まして嵐の目になった衿子が人並みの生活をさせてもらえるとは思えない。終わり方も、大風呂敷のたたみ方としては良かったのかも知れないけれど、第2巻までの「救いようのなさ」からすると、かなり穏当な終わり方だ。良くいえば救われたんだけど、どうせならもうちょっと残酷な終わり方でも良かったような気はする。ちょっと、不完全燃焼かな?

0 件のコメント: