2007年8月31日金曜日

Macで利用可能な音声ファイルの覚書き (2)

非圧縮の音声ファイルについて。

RAW理解不足
文字通り、「生」の音声データ。通常は、PCM 8bit 〜 32 bit signed、32 bit もしくは 64 bit float の音声が格納される。PCM unsigned や U-Law、A-Law も可能。U-Law、A-Lawは、携帯電話などの通信分野で主に使用される符号化方式で、前者が北米と日本、後者がヨーロッパで、利用されているらしい。

CDDA(音楽CD)のデータの場合、PCM 16 bit signed になる。

識別子は、一般に .raw となる。

AIFFおおむね理解
Audio Interchange File Format の略。Audio IFF とも呼ばれる。IFF というのは汎用のデータコンテナで、異なるプラトフォーム間でゲームを移植しやすくするために、Electronic Arts (EA) が Commodore-Amiga と共同で策定した規格。これをもとに、Apple が拡張したものが、AIFF になる。Apple のほかに、SGI も採用した。

識別子は、.aiff もしくは .aif

一般的には、非圧縮のリニアPCMデータを格納する(つまり、データ領域ではRAWデータそのもの)が、圧縮フォーマットもあり、AIFCフォーマットと呼ばれる。AIFCの使用例は、今日ほとんどない。要するに、AIFFとは、RAWデータに適当なヘッダを付加したファイル形式と考えれば、おおむね間違いない。

AIFFフォーマットのバイトオーダーは Big Endian であり、ヘッダの形式以外では主にこの点で WAVE 形式と異なる。

参考リンク:http://bb.watch.impress.co.jp/cda/bbword/16493.html


WAVEおおむね理解
RIFF Waveform File Format の略。RIFF (Resource Interchange File Format) は、音声に限らず、さまざまなデータを格納する汎用コンテナで、その派生型の1つとしてWAVEフォーマットが定着した。RIFF自体はAIFFを参考に作られており、ヘッダ情報が若干異なる程度で、少なくともWAVE形式に関していう限り、実質的な違いはほとんどない。

識別子は WAVE であるので、本来「WAVEファイル」と呼ぶのが妥当だが、Windows上での拡張子が .wav であるため、「WAVファイル」と呼ぶことが一般化している。

データ領域がRAWデータと同じであること、圧縮形式も提供されているが現実にはほとんど普及していないことなども、AIFFと類似する。

AIFFに比べてヘッダが若干冗長であるため、WAVEからAIFFに変換すると、約100byteファイルサイズが小さくなる。また、AIFFと異なり Little Endian のバイトオーダーを持つので、バイナリエディタで見ると配列が異なっているのを確認できる。

参考リンク:http://bb.watch.impress.co.jp/cda/bbword/16386.html
..... to be continued.

0 件のコメント: