2007年8月27日月曜日

Appleのキーボードを考える (1)

今でこそ、Macを買うと漏れなくキーボードが付属しているけれど(Mac mini は除く)、一昔前は、「本体・マウス・ソフト類・分厚いマニュアル類」というのが常識だった。今のMacは、マニュアルがなくなってキーボードが増えた、ということだな。

さて、そのキーボードだが、これが標準で付くようになったのは、記憶が正しければ 初代iMac からではなかっただろうか。カラーヴァリエーションが増えた頃には、ご丁寧にも本体カラーと同色のキーボードと真ん丸なマウスが付いてきたように思う。そして、Appleの作るキーボード(そしてマウスも)の評価が悪くなり始めたのも、ちょうどその頃ではなかったろうか。

個人的にも、その頃以降のAppleのキーボードは手に馴染まない。キーボードマニアではないのだけれど、付属品ではあまりにもタイプしにくいので、いろいろと試し始めたのも、ちょうどその頃じゃないかと思う。

Macを買うと要らなくても付いてくるので、気がつくとキーボードがけっこう余ってしまっている。すでに処分してしまったものもあるけれど、今まで使ってきたキーボードを振り返りつつ、新しいキーボードを模索してみようと思う。

..... to be continued.

0 件のコメント: