2007年4月24日火曜日

SONYがHDDオーディオプレーヤー/レコーダーを作るとこうなる

CDプレーヤー、FM/AMラジオ、音楽配信サービスである「エニーミュージック」に対応し、250GBのHDDを搭載したミュージックセンターとでもいうべきレコーダー/プレーヤー「NAC-HD1」が、SONYから発表されたらしい。DLNA対応のサーバから音楽データを読み出して再生することもできるようで、機能的にはかなり凝っているようだ。USB端子は、ウォークマンやPSPなどとの連携が可能であるほか、無線LANアダプタも利用できるというあたり、ちょっと気が利いている。

コンセプトとしては、パソコン周辺機器として扱われることの多いメディアプレーヤーを、オーディオ屋が作ったという感じだろう。それらの商品は、DivXなどの動画も再生できることがウリになっているが、そのファイルはパソコンでエンコードして作っておくことが一般的だ。その点、NAC-HD1は音楽関係の機能に特化していて、単体でリッピングやタイマー録音ができるようになっている。

画像で見る限り、ディスプレイの表示はいかにもSONYらしい、今一つ垢抜けない感があるが、ボタンの質感などはけっこう良さそうで、商品コンセプトも悪くないと思う。もう少し早い時期に出してきても良かった気はするが、その分、仕上がりは上々ということなのだろうか。

0 件のコメント: